ブロードバンド回線とインターネットプロバイダーの関係について

ブロードバンド選びに失敗する前にチェックしたい10項目

インターネット回線を使用するには、プロバイダーと契約する必要がありますが、沢山の業者が存在するためどの業者を選択すべきか迷う人は多いかもしれません。

途中で解約すると違約金が発生する場合もあり、失敗しないためにはニーズに合ったプロバイダーを選択する必要があります。


事前にチェックすべき項目は多岐にわたり、最低でも月額料金、工事費、回線速度、帯域制限の有無、無料サービス、キャッシュバック、キャンペーン、サポート、テレビ回線、独自サービスの10項目は、契約前に確認することが求められます。


月額料金は、一般的にはプロバイダー料金と、フレッツ光などNTT回線使用料を合算した金額になります。

また、プロバイダー料金と回線使用料を一括して請求している場合もあります。

長期的に見ると、これらの料金が最も重要となるためしっかりと確認しておきます。

但し、契約者に対しキャッシュバックを実施していることもあるため、短期的には安くなることもあります。


工事費も重要です。

マンションやアパートの場合は、既に他の住人が使用済みであれば工事費が不要となるのがほとんどですが、一軒家で初めてインターネット回線を申し込むのであれば工事費が必要となり、結構な金額となるため注意が必要です。


帯域制限の有無とは、他のユーザーに影響を与えかねないヘビーユーザーに対して、回線スピードを制限するものです。

余程のことが無い限りは制限されませんが、使い方によっては事前に確認する必要があります。


このほか、目的によってはテレビ回線など各種サービスの充実度も比較検討しておきます。


 

INFORMATION

 
○テレビ回線など各種サービスの充実度も比較検討も
⇒おすすめのインターネット回線比較情報


 
 

 

ページのトップへ戻る