ブロードバンド回線とインターネットプロバイダーの関係について

ネット回線選びでこんなに変わる!!なにが違うのか?サービス編

"昔は、電話回線でインターネットをやってましたが、電話回線だと電話が掛かってくると1本の回線を共用しているから、その都度電話が切れててしまうし、通信速度も遅いので動画配信映像も軽い動画でも読み込みで止まってしまってました。


そこで、ADSLに替えるとかなり、通信速度があがり利用しやすくなりましたが、インターネット回線が光回線が普及し始め、普及の一環で工事費無料でマンションに導入できたので、プロバイダーを選び有線の光回線に契約しました。


光回線導入時から、月額税抜き4,000円の使用料と別途プロバイダー料金が掛かりましたが、通信速度がADSLよりも格段に上がったので、ネットや動画配信がサクサクになりました。


その後、PC以外にもインターネットの接続機器が増えて行き、インターネットが出来る携帯電話が普及しましたが、高額の利用料金が掛かり、インフラの電波塔が少なかったので、建物の中や地下鉄の中では使い物になりませんでした。


スマートフォンが登場して、こんなの誰が使うのと思ってるうちにみんなが持ち始め、それにつられてスマートフォンを買いました。


スマートフォンのネットには月額利用量の制限があり、外では主にWifi環境が整った施設で使ってましたが、公園などで使うために無線インターネットのモバイルWifiが普及したので、早速購入しました。


これにより、外でも通信量を気にせず快適にスマートフォンのインターネットが可能になり、同時にノートパソコンや携帯ゲーム機など複数の機器を無線で使えるので、外でも家に居る時のようにインターネット回線を使えるようになりました。

"



 

INFORMATION

 
○テレビ回線など各種サービスの充実度も比較検討も


 
 

 

ページのトップへ戻る